2016-04-20(Wed)

岩手県盛岡市に行ってきました。  (№ 3)

    北上川と岩手山を後にして 県立美術館まで、タクシーで・・・・
   美術館のレストランで遅い昼食を・・・それぞれ好きな物を注文して頂きました。
   海鮮入りのスパゲティー とっても美味しく頂きました。
    DSCF5977(Sサイズ)
     DSCF5982(Sサイズ)
      美術館では、明治から現代にいたるゆかりの美術家たちの作品を収集しています。
     季節ごとに作品の入れ替えを行い、常設展示室、萬鉄五郎展示室、
      松本竣介・舟越安武展示室の 3室で公開していました。  
     今回「舟越安武氏」の作品を見にはるばる盛岡まで、足を運びました。      
     作品をご覧ください。

    DSCF5978(Sサイズ)
    DSCF5979(Sサイズ)
         DSCF5981(Sサイズ)
         DSCF5980(Sサイズ)
         DSCF5983(Sサイズ)
         DSCF5984(Sサイズ)
     何とも言えず、ただただ静かに見とれていました。
    どれもこれもが素晴らしい作品で、うっとり・・・・・

 舟越安武は、優美な雰囲気の女性像やキリスト教にまつわる聖人の姿をブロンズや大理石などの
  彫像で表現しました。
 松本峻介は、昭和初期に活躍した画家。彼は東京の街を独特のモンタージュ技法によって
  情感豊かに 描いたことで知られています。
 彫刻と絵画という異なる分野で活躍した二人ですが、ともに1912(明治45年)の生まれで、 
  盛岡中学(現盛岡第一高等学校)で同期生でした。
  二人はお互いのアトリエを行き来して芸術や人生、思想について語り合い、盛岡・東京などで
  一緒に展覧会を開いた事もあるそうです。

          DSCF5985(Sサイズ)
          DSCF5986(Sサイズ)
        美術館の外にもブロンズ像がありました。

    このお顔を見ていますと、本当に心が洗われます。そして気持ちがとっても落ち着きます。
                                                     
     これからホテルに向かいます。
    続きは又・・・・・
     最後まで有難うございました。    

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

盛岡には私の後輩が居ます。
こんな立派な美術館が有るなんて知りませんでした。
いつか行ってみたいな・・・

No title

太巻きおばば さま

 コメント有難うございました。

 本当に素晴らしい美術館でした。
広ーい土地に建てられた美術館・・・・岩手県って広いんだなーーと実感いたしました。
四国4県と同じ広さとの事でびっくりしました。
日本にお越しの説にはぜひ盛岡まで、足をお運びください。
プロフィール

kokocraft

Author:kokocraft
東京生まれ・東京在住(うお座)
スポーツ好きだった私がある日まるで天の啓示の様に手芸を始め、現在に至る。
フランス刺繍・ビーズアクセサリー・パッチワークなど、手芸一般をお教えし、生徒さんと仲良く過ごしております。
教える事の楽しさを味わいながら、皆様に感謝の気持ちを忘れずにと いつも心がけております。
お教室の様子・毎日の生活などを取り上げて更新してまいります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR